右ひじ左ひじを交互に見せるときの3つのポイント

イノベーション

 調子に乗りやすい阿部洋太郎です、おこんばんわー。さて、先日YouTubeを見ていたら2700さんの「右ひじ左ひじ交互に見て」がオススメで出てきました。

ツネさんのようなキレが出せない。

 マネしてやってみて自分ではいけてる気がしたのですが、奥様に動画撮ってもらって確認するとスローな動きしかできていない・・・。ということで2700さんの動画を再確認して「体をどう動かせば良いか」を分析しました。

体全体を使う。

 見つけた改善ポイントは3つ。

①足から動かして体全体を回す。
 手だけを動かすとキレは出せません。体の向きをキュッ、キュッ、と変える感じでやると動かしやすくなりました。

②引き手を引く。
 ひじを見せている手と反対の手を後ろに引くと、体の回転がより早くなりました。

③ひじは下から上に上げる感覚で出す。
 ひじを回してしまうと遅くなります。下から上に真っ直ぐ上げる感じでやるとスピードがあがりました。

ビフォアーアフターの動画はコチラ。

張り切りすぎて背中を痛める。

 上達したのが嬉しくてビュンビュンやっていたら背中を痛めました。バンテリン塗っときます。

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
イノベーション日記
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント