「何があったらいいか?」「何が必要か?」に意識が向くと、問題解決に近づく。

自信

不安を感じる。
違和感や恐怖心がある。
やりたいけど、行動に移せない。

 人間の脳には、これまで積み重ねてきた経験に基づいて危険を察知し無意識にブレーキをかけてくれる機能が付いています。そして、この機能を有効に活用すると事前に危険回避をしやすくなります。

事前に対策を立てておけば、上手くいく可能性は高くなる。

・引っかかっていることは何ですか?
・何があると、引っかかってることは解決しますか?

 今、解決策が思い浮かばなくても全然大丈夫です。「どうやったらいいいか?」に意識が向くと、脳は無意識に必要な情報を探し始めます。そして、その内に何かしらアイデアが浮かんできます。

やってみて上手くいけばOK、ダメだったら他のやり方を探す。

 1歩ずつ前進していけば、望んでいることは実現できます。

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
自信
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント