人間は常に「一番よい」と思う選択をしている。

 「ダイエットしたいなー」と思いながらアイスを食べていた阿部洋太郎です、こんばんわー。さて、NLPでは「人間は常に最善の選択をしている」とされています。

わざわざ「良くない」と思う選択はしない

 人間は誰でも、その時の自分の状況の中で考えられる手段の中から「一番よい」と思う選択をしています。でも”その選択”したことにより良くない結果が生じることも当然あります。

良くない結果が出たら”次”に活かす。

 良くない結果が出たとしても、次に繋がる経験になれば自分の財産となります。そのために大事なのが「あの時のあの状況で、自分は一番よいと思う選択をした」という”事実”を知っておくこと。

 「なんであんな選択をしてしまったんやろう・・・」と思うことは誰でもあります。そういう思いが浮かんだときに「あの状況ではその選択が一番良いと思ったから」という答えを知っていると、「じゃあ、次に同じような状況になった時には今度は○○しよう」と気持ちを切り替えやすくなります。

明日は運動してアイス食べる。

 上手くいったらOK、上手くいかなかったら次。1個ずつ進んで行きたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください