救いの手を差し伸べる商売

 ショートコント「暇を持て余した神々の遊び」が好きな阿部洋太郎です、こんばんわー。さて、先日荻原浩著「砂の王国」を読みました。

「信じたい」というニーズを満たす

 3人のホームレスが、路上生活から抜け出すために始めた商売は”宗教”。心理学のテクニックを使って順調にお金を稼いでいくが、組織が大きくなるにつれて自分でコントロール出来なくなっていく・・・。

自分の足で立つ

 同じホームレス状態でも最初と最後では確かな違いがある。読み終わってそんなことを感じました。

本のリンクはコチラ
 ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください