佐川光晴著「あたらしい家族」

 佐川光晴著「あたらしい家族」を読みました。「おれのおばさん」シリーズの1冊で、恵子おばさんの元旦那の後藤善男がメインの話になってます。

 北大の医学部で演劇にハマり中退、恵子おばさんと結婚。子供も生まれたが浮気し離婚。劇団を解散して東京に出るが役者としては芽が出ず老人ホームの管理者に。6人の老女のいる家にひょんなことから2人の養子を迎え、更に新婦が来る。

エネルギーを持て余して、はみ出しまくって、どうにもならない状況になって、それでも人生を謳歌している。

 この本でも、そんな登場人物達の魅力を存分に味わえました。

 お時間のある方は是非読んでみてください(^^)/

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント