たった一人と一度だけ、死者と再会できるとしたら・・・?

 辻村深月著「ツナグ」を読みました。死者との再会を叶えてくれる使者。「どうしてもあの人に会いたい」とやってくる依頼者。いざ自分の順番になった時にやってくる『たった一度の機会をどう使うか?』という迷い。最後まで一気に読んでしまいました。

 もし私におの機会があるなら、相手は奥様に決まっている。そう思える今は幸せなんだなーと話とは関係ないですが思いました。お時間のある方は読んでみてください(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください