『すこ、すこすこっ-。』

(垣根涼介著「室町無頼」490ページより引用)

 『室町無頼』読みました。命の価値が二束三文の戦国時代、没落した武家の子供だった才蔵。

二束三文でもゼロではない

 わずかな”元手”であっても、自分の価値は作り出していくことができる。読んでいてそんなことを感じました。歴史物が好きな方は読んでみてください(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください