【10冊目③】「本の書き方(仮)」この土日で一気に進む。

日記

 昨日はポケモンを4時間やってしまった阿部洋太郎です、おこんばんわー。さて、5月30日から書き始めて止まっていた10冊目の電子書籍「本の書き方(仮)」ですが、この土日で2時間21分・4123文字書けました。

全体の構成がようやく決まる。

 自分で書くか、グループに入るか、コンサルを雇うか、業者に頼むか、出版社を通すか。出版する方法はいろいろあるけど、実はやることは変わらないと思い至ったことで全体の構成が決まりました。

①何の本を書くか(仮タイトル)を決める。
②全体の構成(目次または企画書)を作る。
③本文を書く。
④読んでもらう。
⑤仕上げる。
⑥表紙を作る。
⑦出版手続きをする。

 この土日で「はじめに」と「①何の本を書くか決める」を書けました。②~⑦の内容部分は”作業”のイメージ。関連するブログ記事の内容をコピペしたら楽はできるので来週書いてしまえたらと思います。

【10冊目①】はコチラ。

【10冊目④】はコチラ。

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
日記
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント