気づいたら半日終わっていた。

 おもしろい本に出会うと寝不足になる阿部洋太郎です、こんばんわー。さて、先日2018年に入って最初の”当たり本”に出会いました。

辻村深月著「ハケンアニメ!」

 図書館で見かけて手に取った時はアニメ業界の派遣社員の話だと思ったんですが、全然違いました。一番いいアニメ=「覇権」を目指して四苦八苦しながら新しい作品を生み出していく主人公達。直木賞作家の辻村深月さんの本は初めて読んだんですが、どっぷりハマりました。他の本も読もうと思います。

新しいことを始める時は、誰でも怖い

 その恐怖心をどうやって乗り越えたか、乗り越えることでどうなったか。本の中にどっぷり浸かって登場人物達と一緒に体験できる。昨年は本読む量がだいぶ減ってたんですが、私はやっぱり本を読むのが好きやと再認識しました。

 お時間のある方は是非読んでみてください(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA