今週読んだ本(4)

安部龍太郎著「レオン氏郷」
 蒲生氏郷が主人公。子供の頃から秀才で、親や織田信長に見込まれ、周囲の期待に応え続ける。でも自分が何をしたいのがが分からないまま、手段に拘り、失意の内に人生を終える。

山本幸久著「幸せロケット」
 クラスで8番目にカワイイと自分では思っている主人公の山田香な子。マユゲの太い小森に次第に惹かれていき、葛藤を抱えながら、上手くいったり上手くいかなかったり。段々と自分が望んでいることが明確になっていき、ハッピーエンドで終わる。

 今週は、たまたま対照的な2冊でした。大事なのは手段ではなく目的だなーと思いました。

ブルーハーツ 歩く花

 『野に咲かず山に咲かず 愛する人の庭に咲く』奥様が「この曲、好きやねん」と言って聞いていた曲。先週今週と聴いている内に私も好きになりました。

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント