佐藤賢一著 「黒い悪魔」

佐藤賢一 黒い悪魔 アレクサンドル・デュマ 阿部洋太郎 読書録

「暴れん坊将軍と言えば誰でしょう?」

 徳川吉宗または松平健さんの声が多そうですが、自分ならアレクサンドル・デュマを選びます。(足利義輝も捨てがたいですが、無法者感が足りないです)

 フランス貴族が植民地の奴隷女に生ませた私生児が、フランス革命のなか暴れまくってついには将軍になる・・・という表の部分も爽快ですが、

 父親に捨てられた劣等感を抱え続け、上司との折り合いを付けるような器用な真似も出来ず、自尊心を持て余して傷だらけになりながら進み続け、最後に答えを見つけられた、

というデュマの姿に自分は勇気づけられます。何回も読んでしまう座右の書のひとつです。人との比較して落ち込むことの多いという方は、是非読んでみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください