マレーク・ベロニカ著 「ラチとらいおん」

 ある日、弱虫のラチが「ポケットサイズの赤いライオン」を見つけたことから物語が始まります。

絵本ですが、シンプルで良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください