荻原規子著 「これは王国のかぎ」

 泣き疲れて目覚めると、そこはカラカラに乾ききった砂漠だった・・・

 何回も読んでますが、毎回一気に読んでしまいます。ジメジメした梅雨時に無力でくすぶっているところから、カラカラの砂漠で自由自在に飛び回る。お勧めの1冊です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください