佐藤賢一著 「新徴組」

幕末の京で新撰組が活躍していた頃、

江戸では「新徴組」が作られました。

この小説の主人公は新徴組に所属した沖田林太郎。

沖田総司の義兄です。

息子の様に育てた総司と、実の息子の芳次郎。

二人の事を思って守りに入った結果、

林太郎はいつの間にか「かっこ悪い親父」になっていました。

そんな中始まった戊辰戦争の中で、

林太郎は攻めの姿勢を取り戻し、

息子たちのヒーローになって話は終わります。

最初に読んだ時は”鬼玄蕃”酒井吉之丞の活躍にワクワクしましたが、

2回目の今回は「父親が誇りを取り戻す」ところに胸が熱くなりました。

また読もうと思います。


読者プレゼントのご案内はコチラです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.