【守り人シリーズ】の”守り人”とは誰か?

 主人公のバルサが用心棒だから「守り人シリーズ」だと思い込んでいた阿部洋太郎です、おこんばんわー。さて、先日「精霊の守り人」を久々に読んでいる時に、バルサは<精霊の守り人>ではないことに気づきました。

精霊の守り人はチャグム

 ニュンガ・ロ・イム<水の守り手>の卵をうみつけられたチャグムがニュンガ・ロ・チャガ<精霊の守り人>。バルサは<精霊の守り人>の守り人。

闇の守り人はジグロ他

 山の王を守るヒョウル<闇の守り人>は先代の王の槍。バルサは次期<闇の守り人>候補。

夢の守り人は呪術師達

 夢守りはタンダ。「夢の守り人」はトロガイのセリフの中に出て来て呪術師達の事を指す。バルサは<夢の守り人>の守り人。

神の守り人はアスラ?

 本文中には<神の守り人>との記載なし。巻末書籍紹介欄に『アスラは「神の守り人」、それとも「災いの子」なのか。』と記載。バルサは<神の守り人?>の守り人。

天と地の守り人→不明。

 本文中に記載なし。バルサは天と地を守った大勢の中の一人?

・・・「守り人シリーズ」という響きに違和感はないですが、何となくスッキリしなくなりました。なぜ「守り人シリーズ」なのかご存じの方がおられましたら教えてくださいm(_ _)m

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント