2019. 6. 29. 土曜練

空手

 心理戦にめっぽう弱い阿部洋太郎です、こんばんわー。さて、昨日も空手道部の練習に行ってきました。

試合想定の練習

 主将の和泉が指導で、基本・フットワーク練・人形・ミット蹴り・カウンターや追い込み練習など試合想定のメニューと、みっちり取り組んでいました。成果に繋がるまでキッチリやりきって欲しいです。

「グーを出す確率1/3、チョキを出す確率1/3、パーを出す確率1/3」ではない

 出す確率はグーが一番高く、次がパー、出すのが難しいチョキが一番確率が低い。だからパーを出すと勝率が上がる。ミーティングでは、以前本で読んで「へー」となった内容を紹介しました。

 空手も同じで、最初に出す技の確率には高い低いが当然あります。一番多いのが上段突で、試合をこなしていけば「まず上段突から来る」という予測は誰もが立てる。だから上段突きで攻めてもなかなかポイントにはなりません。逆に言えば、「まず上段突から来る」という予測を外せば試合を自分優位に持って行きやすくなります。

 七大戦まであと2週間ですが、作戦次第でまだまだ勝率は上げることができます。頭と体をフルに使ってもっと強くなっていって欲しい、と伝えました。

ミーティング後に後輩とじゃんけんしたら負けた・・・

 簡単に上を行かれて悔しかったので、七大戦までにじゃんけんの秘密特訓に取り組みたいと思います(笑)

じゃんけんについて知りたい方はコチラ。
 ↓

コメント