垣根涼介著 「君たちに明日はない」

今の仕事に満足していますか?
やりたいことができていますか?
もし今、希望退職を勧められたら、どうしますか?

 垣根涼介著「君たちに明日はない」を読みました。主人公は会社をクビになりリストラ請負会社に再就職した真介。会社の人事部の代わりに、人員整理をする日々。

会社≠自分。会社員でなくなっても、人生は続く

 自分の人生は自分で責任を持つ。当たり前のことですが、会社員をしているとつい忘れてしまうなーと思いました。
 
 小説の中では、蓄積してきた経験や磨いてきたノウハウを活かして新たな人生をスタートする格好いい人々も出てきます。私もそんな風になれたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください