ピントの合わせ方は自分で選べる

日記

 こんばんは、阿部洋太郎です。大阪市内の自宅でこの記事を書いています。さて、今週は奥様の誕生日プレゼントで一眼レフカメラを買って自分がハマるという一週間になりました。

 スマホのカメラと一眼レフとの違いは“ピントの合わせ方をコントロールできるかどうか”。一眼レフで撮ると、ピントの合っていない背景がぼけて、奥行きがある写真になります。

 ピントの合う距離の幅や光量を調整できる→表現力の幅が広がるということで、楽しみ方がいろいろありそうです。いろいろ試してみたいです(^o^)

写真以外でも使えるピントの合わせ方

 で、写真を撮っているときに「これって他でも使えるなー」と思いました。

例えば“土曜の夜”。
・今日は楽しかった!
・これから晩酌!
・明日も休み!

・1日終わってしまったorz
・連休もあと半分だけ・・・
・あと26時間で月曜がくるorz

・・・

どこに“ピントを合わせるか”は自分で自由に選ぶことができます。

 「あー、また月曜から仕事かー、嫌やー」というところにオートでピントが合っていたとしても、「ピントは変えられる」と気づけば好きなように変えられます。

 私も自由にピントを変えて、“撮りたい写真”を撮れるように練習しようと思います(^^)/

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
日記
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント