上橋菜穂子著 「精霊の守り人」

サグとナユグという二重の世界、短槍使いの女用心棒バルサ、精霊の卵を産み付けられた王子、襲い来る怪物ラルンガ、・・・

読むのを止められず夜更かししてしまいました(^_^;)

視点が変わる

 物語としても面白いですが、知識とは何か、歴史とは何か、新たな視点も得られます。お時間あれば是非読んでみてください(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください