「スタンフォードの自分を変える教室」第6週

日記

 ケリー・マクゴニガル著「スタンフォードの自分を変える教室」のワークをやろうと決めて6週目。とりあえず継続することはできました。(1週目記事はコチラ

第6週は「どうにでもなれ」対策

 人間は落ち込んだ時に「どうにでもなれ」と自暴自棄になる傾向があります。ちょっと躓いただけなのに「もういい」「どうにでもなれ」と修正が効かなくなって、暴走してしまう。それが”意志力”の大敵となります。対策としては、①適切なストレス解消法を選択する ②自分を許す。

 6週目の実行結果は、①適切なストレス解消法を選択する→週7日のうち4日実行、②自分を許す→週7日のうち5日。チャレンジテーマの「1日1時間、本・ブログを書く」ができたのは4日でした。

7週目は「将来を売り飛ばす」対策

 人間の脳は「将来の利益よりも目先の欲望を優先する」ようにできています。で、目先の誘惑に負けると当然のことながら”意志力”は弱くなります。対策としては、①10分間待つ、②将来の自分にメッセージを送る。

 ①目先の欲望に対して「10分待てたらOK」と思っておくと、理性的な判断はしやすくなります。また、②将来の自分にメッセージを送る のも「将来の利益」を考えるきっかけとなります。

 7週目の実行結果もレポートしたいと思います。(7週目の実行結果はコチラ

本の内容についてはコチラもご覧下さい

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
日記
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント