「自分にはできない」と思うか、「自分もできるかも」と思うか。

自信

 勉強、スポーツ、仕事、・・・。どんなことでも「自分もできるかも」と思って取り組んだ方が結果を出せる確率は高くなります。

「できる」と思うか「できない」と思うかを決めているのは自分自身

 だから、「自分がどう思うか?」は自分で変えられます。変えたいときは次の3ステップ。

①「できないと思う」ことの”肯定的な意図”を見つける。

 危険を感じて怖い、失敗しそうだからやらない、周りの人に迷惑をかけそう、・・・。自分を守るためにブレーキをかけていることに気づくと、冷静さを取り戻せます。

②「本当に自分が望んでいること」を理解する。

 「まあ、やらんでもいいわ-」なのか、「怖いけど、どうしても成し遂げたい」なのか。答えは自分の中にあります。

「やり方」に意識を向ける。

 「現状」と「望んでいること」が分かれば、どうやったらいいかが具体的に見えてきます。「まず何をやるか」まで落とし込んでいけると前に進むことができます(詳しくはコチラ)。

「やっぱりできない・・・」と弱気になったら寝る。

 晩ご飯食べて風呂入って寝る。そうすると頭の中がスッキリします。朝になって「やっぱりどうしてもやりたい」となっていたら、もう1回①から試してみてください。

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
自信
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント