成果が出るまでにはタイムラグがある

勉強

 こんばんは、自信コーチの阿部洋太郎です。大阪市内の自宅でこの記事を書いています。さて、7月に入ってから「体力つけよう」と思い立ってランニングを始めました。まだまだ体力がついた感じはしないのですが、ふと「先輩の教え」を思い出しました。

成果が出るまでにはタイムラグがある

 大学で空手をやっていた時に、当時監督だった高木先輩から「練習しても、すぐに結果は出ない。ただ、練習しないと結果は出ない」とご指導いただいたことがあります。身体が慣れたり筋肉がついたりするには時間がかかります。でも1週間で「成果が出ない」からといってランニングを止めてしまうと、いつまで経っても体力はつきません。成果が出ない期間を乗り越えると体力はつけられます。

 同じように、勉強でも仕事でも、やり始めてすぐに結果は出ません。でも、成果が出ない期間ってつらいですよね。そんな時に、次の3つのポイントを押さえておくと、乗り越えやすくなります。

1つ目は「知っている」こと。

「タイムラグがある」ことを知っていると、成果が出ない苦しい期間に耐えやすくなります。

2つ目は「目的・目標を見続ける」こと。

 先日書いたブログ記事でも触れましたが、頑張っている時はどうしても「頑張ること」に目的が変わってしまいやすいです。「目的は何か」を確認しながらやると、ムダが減り結果的に早く成果が出ます。

3つ目が「フィードバック」。

 やってみて上手くいかなかった時は、何となく「無駄になった」気がしますが、実際には「経験」を手に入れています。「上手くいかなかった経験」から情報を取って、次に生かすと目標達成に近づきます。

・・・私も空手道部の後輩達にタイムラグの話はしていたのですが、自分のことになると「すぐに結果が出て欲しい」ってなってました(笑)目的とフィードバックを意識して、行動を継続したいと思います。

「望んでいること」「現状」「やり方」の3つが明確になると、不安は小さくなる。
 そして、「質問に答える」だけで「望んでいること」「現状」「やり方」の3つは明確にできます。
勉強
スポンサーリンク
阿部洋太郎をフォローする
くすぶっている人に自信を提供する。

コメント