上橋菜穂子著 「夢の守り人」

「精霊の守り人」シリーズの3冊目は「夢」。息が詰まるような現実から逃れたいと思っている人に「幸せな夢」をみせる花。だが夢を見ながら眠り続けると体が弱り死んでしまう。

大切な人が「夢」に捕らわれた時、どうやって救い出すのか?・・・最後まで一気に読んでしまいます。お時間あるときに是非読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください