【キリン午後ティー炎上】「自分」ではなく「相手」に意識が向いているか?

 思い込みが激しい阿部洋太郎です、こんばんわー。さて、今日「キリン午後ティー炎上」の記事を読んで、以前奥様からアドバイスしてもらったことがようやく理解できました。

「自信の免状? 欲しくない」

 免状制度のアイデア思いついた時に「おもしろいんちゃう?」と思って奥様の忠告を聞かずにやってみましたが、案の定の結果に・・・。

 ”勉強したい人”が望んでいるのは紙切れではなく「勉強できるようになること」。

 客観的に見れば分かることが、「自分」に意識が向いていると見えなくなる。キリンさんの行動を見てから我が身を振り返ることで気づくことが出来ました。(免状制度は停止しましたm(_ _)m)目を覚ませてくれたキリンさんといつも的確なアドバイスをしてくれる奥様に感謝です。

ということで「勉強できるようになる」について考え治しました。詳しくはコチラ。
 ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください