【電子書籍】「集中力」を出版するまで。

 ラブレターを書いたことがない阿部洋太郎です、こんばんわー。さて、今週9日に2冊目の電子書籍「集中力」をKindleで出版しました!

 ”やり方”を知っていたら、自分で”集中した状態”は作れる、という内容で、伊達公子選手のメンタルコーチが作った“集中力講座”のノウハウとNLP(実践心理学)のスキルの中から、すぐに実践できる方法をまとめて書いています。

修正5回目で、奥様からOKもらえた

 Kindleで出版する手続き自体はそんなに詰まることなく割合簡単にできました。簡単じゃなかったのが”中身”。

 一通り書き終わったのが7月。伝えたいことをスッキリとまとめることができて自信満々で奥様に読んでもらったのですが、「え?これだけ?」「伝わらない」と一蹴されましたorz

 ショックはショックだったんですが、この時に「仕事と勉強を頑張っている奥様に、”集中力”の内容を伝えたい!」と思っていたことに気づきました。

 「自分が伝えたいことを書く」から「奥様に伝わるように書く」に変えた2回目。「内容はいい」「もっと面白く!」「こうした方がいいんちゃう?」とたくさんアドバイスをもらえました。

 3回目は「試験勉強編」「スポーツ編」「仕事編」「全体編」と1章ずつ。3回目読んでもらって各章ごとにフィードバックしてもらって、4回目修正したのを手直しして、5回目で「いいやん!」とOKもらえました(^o^)

 今から思うと、最初に書いたのは「言いたいこと」だけでした。読んでもらって「伝わったか」確認していくことで「どうやったら伝わるか?」をしっかり推敲できました。ずっと付き合ってくれた奥様に感謝です。

本を書くことで”本当に伝えたいこと”に気づくことができた

 第4章のワーク。そして、”あとがき”でスーッと出てきた一文。最初は自分で気づいていなかった”本当に伝えたいこと”が、5回の修正を通してだんだん見えてきて最後にはハッキリとわかりました。世界中の人に読んで欲しいです。

Kindleの電子書籍はスマホやパソコンでも読めます。

 やり方は簡単。

(1) Kindleアプリをインストールする。(リンクはコチラです)

(2) Amazonで電子書籍を買う。

(3) Kindleアプリを開くと「本」が届いています。

(※)支払い方法はクレジットカードです。クレジットカードを持っていない方は、コンビニでAmazonギフトカードを買ってチャージしてから「ポイントで購入する」を選ぶと買うことができます。

 「集中力」について、もっと詳しく知りたいという方はコチラをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.