今週読んだ本(8)

佐川光晴著「山あり愛あり」

 信州で祖父母に育てられ、山に魅せられ、北大に進学後はどっぷり山に浸かっていた周三。恩師と親友の相次ぐ死によって山と向き合えなくなり、流されるように銀行員になり、不良債権処理に奔走して20年。もう一度、山に向かって姿勢を正すー。

山に登ってみたくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.