初めて自転車に乗った時のことを覚えていますか?

パソコンのキーボード入力は、いつからできるようになりましたか?
スマホを使えるようになった時のことはどうですか?

 こんばんは、自信コーチの阿部洋太郎です。大阪市内の自宅でこの記事を書いています。さて、先週土曜日に「試験勉強に集中する方法」講座を開催しました。

スキルを習得する方法は1つしかない

 というのが、NLP(実践心理学)の「学習の4段階理論」です。

歩く、話す、お箸を使う、歯磨きする、自転車に乗る、字を書く、パソコンを使う、スマホを使う、・・・。私達は多くのスキルをマスターしてきています。その時に必ず通るのが次の4つの段階。

1. 無意識的無能(知らない。当然できない)
2. 意識的無能(知ってるけど、できない)
3. 意識的有能(知ってる、やろうとしたらできる)
4. 無意識的有能(無意識にできる)

で、各段階で「必要なこと」は変わります。

1から2にするには「お手本を見つけて成功イメージを作る」。
2から3にするには「やってみて、情報を足していく」。
3から4にするには「反復」。

試験勉強も「学習の4段階」理論に当てはめればどうということはない、とお伝えしました。

2017.3.4 「試験勉強に集中する方法」講座@心財育成株式会社

 講座では「4マット理論」と「肯定的意図」も加えて、自然と勉強してしまうようになる方法もお伝えしました。

なぜ勉強するのかを明確にする

細分化する

学習の4段階に当てはめる

不安や違和感をケアする

小分けして1個ずつ片付けていけば簡単に誰でもできます。もっと多くの方に知ってもらいたいです(^o^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください