過去は変えられる

 先日の「寒稽古」の後の飲み会で、最後の”主将のエール”を欠席した德野監督の代わりに受けて、心の準備ができておらず緊張して挙動不審になってしまった阿部洋太郎です。おはようございますー。

さて、「なかったことにしたい」「もう一度やり直したい」という経験ってありますか?
もし、「過去は変えられる」としたら、変えたいですか?

実は「過去を変える」ことは可能です。

 NLP(神経言語プログラミング)には「過去を変える」方法があります。と言っても、起きてしまった出来事を変えることはできません。

 じゃあ、何を変えることができるのかというと「意味づけ」。

「なかったことにしたい」を「あの経験があったから、今の自分がある」
「もう一度やり直したい」を「次に同じ状況になったら必ず成功させる」
その出来事に対して、どのような意味をつけるかはいつでも自分で選べます。

やり方は簡単で、次の2つの質問に答えるだけです。

(1) その出来事があったことで、あなたにとってどんな良いことがありましたか?
(2) 今、あなたが望んでいることは何ですか?

 今すぐに答えが出なくても大丈夫です。2つの質問を口に出して言うと、脳は無意識に“答え”を探し始めます。そして「どうなりたいか」「どうやったら良いか」に意識が向くと、過去の全ての経験は未来に繋がる財産に変わります。

 30秒あればできるので、「過去に囚われている」と感じた時は是非使ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください