「ステート(あり方)」とは

「結局、大事なのはステート(あり方)」
「じゃあどうしたらいいん?」
「すでに手に入れた状態になる」
「・・・だから、どうしたらいいねん?!」

 そんな体験をしたことはありませんか? 私はいろんなセミナーに行って「結局はステート」と言われて「何なん?」となる、を繰り返してきまいた。でも、先日「ある映像」を見て、ようやく「どうしたらいいか」が分かりました。

それがこちら「パンツミー」

真也、大変や! あんたの家が…燃えてる…
最悪やー 建てたばっかりやのに ローン35年残ってんのにー
そんなことよりパンツミー
関係あらへんパンツミー
ぱんつぱんつパンツミー
家が燃えてもパンツミー
・・・

「これか!」って思いました。

何があっても揺るがない軸になってるもの

 そんなことより○○、の部分にくるのがステート(あり方)。

 ゴールイメージができたら、後は「学習の4段階」理論に則ってメニューを組んでいけば習得できます。試行錯誤して「知ってる→できる」にし、反復して「できる→無意識にやってる」に変える。

幸い、どうありたいかは価値観出しワークで既に明確になっているので、後は反復するだけです。年末年始で「ステート」を固めたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください