物事の見方を変える リフレーミング

 こんばんは、集中力トレーナーの阿部洋太郎です。大阪市内の自宅でこのメルマガを書いています。先週日曜日は結婚記念日で、3周年でした。1年間一緒に過ごしてくれた奥様に感謝です。4年目も更にいい1年にしたいです。

毎日幸せになる方法

 さて、「毎日幸せです。」とFBに投稿したところ、「毎日幸せになる方法、教えてー」という質問がありました。

 実は「方法」は簡単です。

それは、「毎日幸せです。」と口に出して言う。NLP(神経言語プログラミング)の中の「リフレーミング」というスキルを使っています。

人間の脳は「矛盾を嫌う」

 「幸せ」と口に出して言った時に「幸せではない」と思っていると、脳は矛盾を感じます。で、矛盾をなくすために無意識に「幸せ」と感じる理由を探そうとします。そうすると
「ご飯がおいしかった」
「信号が青だった」
「天気が良かった」
と何かしら「幸せだと思う原因」を見つけてきます。

 年間を通して振り返ると、嬉しいことも悲しいこともあるし、落ち込んだり怒ったりも当然あります。でも、「いろいろあったけど、3年目もいい一年だった」と思って振り返ると、「良かったこと」に目が行きます。

 どの部分を見るかで「1年」の意味は変わります。

嬉しい1年だった。
落ち込んだ1年だった。
怒りの1年だった。
・・・どんな1年にしたいですか?

ちなみに、1日単位でもできます。

 寝る前に「いろいろあったけど、今日もいい一日だった」と言う。そうすると「いいこと」に目が向きます。

・・・1日単位ではやってなかったので、この機会に今日からやろうと思います(汗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA