羽海野チカ著 「ハチミツとクローバー」

 先月図書館で「ハチミツとクローバー」が置いてあるのを見かけ、名前を知っていたので読んでみました。で、先日最後の10巻まで読み終わりました。私は「竹本君」のまっすぐさに魅かれました。

 「人を好きになってしまう」

 相手が自分以外の人を好きだと分かっていても、どうすることもできない。それでも「その人を好きになって良かった」と最後に思えるようになる。これまで読んだことのない毛色のマンガでしたが、読めて良かったです。

 ただ、ラストの「ハチミツとクローバー」が・・・「え?」ってなってしまいました。あれはツッコむところなんでしょうか? そこだけちょっと引っかかりましたが、後は引き込まれて何回も読んでしまいました。お時間のある方は是非読んでみてください(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください