2016.1.28. こころの勉強会~光と闇~

こころの勉強会 オフィスりそーすふる NLP 神経言語プログラミング 心財育成株式会社

時間:19-21時、場所:心財育成株式会社、主催者:あーち、みゆきさん

 こんばんは、阿部洋太郎です。大阪市内の自宅で過去の記事を修正しています。今日は2016年1月29日に書いた「こころの勉強会」の記事。心の使い方を学校で学んだことはありますか?

全ては表裏一体:光があれば影があり、表があれば裏がある。

 「見方の違いがあるだけ」と理解すると、「何かを排除する」ために使っていたエネルギーを他のことに使える。

ワーク
1.「自分の光の部分」だと思うことと「影の部分」だと思うことを書き出す。
2. 発表する。
3. 他の人がその出来事をどのように感じたのかを聞かせてもらう。

 紙に書き出し、口に出して話し、聞いていた人から「どう感じたのか?」感想を聞くことで、自分がその出来事について「どのように意味をつけていたか」に気付く。

今回の自分の心の動き

 今回自分が影の部分だと思って発表したのは「上司が目障り」。

 それに対して皆様から頂いた意見は、「上司は目障りなモノだと思ってる」「昔は必ず衝突したけど、今は何ともない」「そもそも上司と認識していない。邪魔ならどける」

 「進みたい方向に上司がいて邪魔だった」という出来事に「上司が目障り」と意味を付けていたことに気付きました。「上司が目障り」いだと四六時中意識が向きますが、「進行方向」だと邪魔になった場合だけ対処すればいいので楽だと思いました。イラッときたときは「今、上司が邪魔かどうか」を確認しようと思います。

心の仕組みについてもっと知りたい方はコチラ。
 ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください