上橋菜穂子著 「虚空の旅人」

 精霊の守り人シリーズの4冊目。どの本も深みがあります。

「精霊の守り人」は「分割された知識」。
 利害関係のあるグループごとに分割された情報をどうやって集めていくか。

「闇の守り人」は「人間は聞きたいことを信じる」。
 人を操ることに長けたリーダーにどう対抗するのか。

「夢の守り人」は「望んでいる夢を見せてくれる花」。
 仮想現実に取り込まれた人をどうやって現実に戻すか。

そして4冊目「虚空の旅人」では「個人と集団」。
 集団を守るために1人を犠牲にするのは良いのか。

・・・子供の頃に読んでいたら、どんな風に感じたのか? 今だから分かるのか、それとも人生が変わったのか? そんなことを考えてしまいました。お時間のある方は是非読んでみてください(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください