荻原規子著 「風神秘抄」

 年末に「蒼穹の昴」「昴」と座右の書を読み返したので、もう一冊の座右の書「風神秘抄」も読み返しました。何回も読んでますが、今回も一気読みしてしまいました。

物語は平治の乱から始まる

 主人公は源氏方の阪東武者の草十郎。初陣で当然のように命を投げ出そうとした草十郎が
旅の最後では明るく広がる未来に気付く、というところが今回は心に残りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください