佐川光晴著「おれのおばさん」シリーズ

「おれのおばさん」
「おれたちの青空」
「おれたちの約束」
「おれたちの故郷」

 シリーズ4冊を読み終わりました。このシリーズに出会えて良かったです。

父親が横領罪で逮捕され一家離散になった陽介。
母親に捨てられ、養母にも捨てられた卓也。
多くの挫折を味わい、ツテを頼って児童養護施設で働いている恵子おばさん。

それぞれ懸命に生き、故郷を見つける。素直に感動しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください