集中力スピード診断 診断方法の詳細

 「あなたはどっち? 右脳派?左脳派?  集中力1分間スピード診断」を受けていただき、ありがとうございます。アンケートに答えて頂いた方から「診断方法の詳細が知りたい」との要望がございましたので、各質問の意図について説明いたします。

「集中力」には種類がある

 さて、勉強でも仕事でもスポーツでも「集中力」が必要な場面ってありますよね。でも、一言に「集中力が必要」と言っても、実は求められる能力は「場面」によって変わります。

 例えば勉強で「授業中、先生の話を聞きながらノートを取りながらポイントを押さえていく」ときと「自分で考え続けて答えを見つけ出す」ときでは求められる能力は違います。仕事でも「事務作業」と「営業」で変わりますし、スポーツでも「練習」と「試合」で異なる能力が必要になります。

 で、ごっちゃにして同じ「集中力」と考えてしまうと、的外れな対応を取ることになりかねません。ということで、この診断では集中力を「左脳」「右脳」「自信」「視座」の”4つの能力”に分けました。

 8つの質問はそれぞれの能力の得意不得意が判定できるように設定しており、そこからあなたのタイプを診断しています。

集中力は、トレーニングで向上できる

 自分の得意不得意が診断でき、実現したいことにどの”集中力”が必要かが理解できれば、後はトレーニングして身につけるだけです。「左脳」「右脳」「自信」「視座」の4つ全てに、”向上させる方法・ノウハウ”はあります。まずはワンポイントアドバイスを試してみてください! 「すぐマスターしたい」「もっと知りたい」という方は、ぜひ集中力講座にお越しください。

ご意見・ご感想を教えてください!

 「当たってる!」「ふーん」「ふざけんな」どんなことでも構いません。よろしくお願いいたします!

開発者のプロフィールはコチラです。
第1問はコチラです。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

画像の文字の入力をお願いします: captcha

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください